お金を借りる

お金を借りる為の様々な方法

もし、お金が必要な時に、無理なくお得にお金を借りるにはどのようなところから借りたら良いのでしょうか? 私たちが生活をしていてこういったシーンは多々ありますが、できるだけお得に借りれて、信頼のできるところから借りるのが理想ですね。 急いでお金を借りたい人や、できるだけ多くの金額を借りたいという方もいるでしょう。人それぞれにお金を借りる目的も違うでしょう。借りる目的に合わせればかなり有利な条件で、お金を借りれたりします。まずは、お金を貸してくれる会社やキャッシング商品を知ることが大切です。 そんな時、最適なお金を借りるための様々な方法や会社などをご紹介いたします。

まず、お金を借りる方法として銀行が出しているローン商品が挙げられます。 住宅や、車、教育資金など大きな金額を借入するのには銀行は最適です。金利も安いですし、住宅など長期間に渡って借入する場合などは安心感もあります。銀行独自のローン商品も揃っており、かなり低い金利なのが魅力です。

しかし、そのお金を借りる目的に合わせたローン商品なので、住宅ならその用途にしか借りたお金は使用できません。他の車を購入するために使うことはもちろんできません。そして、金利が安い分、しっかりとした審査を行なうため、時間が掛かり書類をたくさん用意したりと手間も掛かり審査基準もそれなりに厳しくなります。 銀行では、ローン商品とは別に使用用途を定めないカードローンなどからの借入もできます。こちらは比較的、短時間で手間が少なく借入でき低額の借入からかなりの高額の借入まで、便利に融資を受けることができます。消費者金融などのカードローンから借入するよりも、かなり金利が低く設定されているので、安心して借入できるメリットがあります。

銀行系のカードローンでも色々あります。銀行系といっても最近よく見かけるネット銀行などは、ネット上での申し込みから借入まですべてWeb上で完結できるカードローンなどもあります。とても便利で金利もカードローン商品の中では優秀と言って良いでしょう。とにかく早くお金を融通したい方には最適です!ネット銀行は店舗などを持たず、その分の経費をサービスに振り分けすることができるので、大概はサービスや特典などが充実しています。カードローンの金利が低かったり、ポイントを入会者や利用者した人の付与したりと、お得なサービスも多くお金を借りるのと同時にこれらのサービスを享受することができるのも利点の一つに挙げられるでしょう。これらのことが最近、ネット銀行が非常に人気が出てきている理由の一つでもあります。

また、クレジット会社からお金を借りる方法もあります。 こちらのお金の借入は短時間でできるメリットがあります。クレジット会社でカードを作るのですが、ショッピング枠とキャッシング枠とに分かれています。キャッシング枠の方でコンビニなどで現金を引き出すことができます。金額は少額になりますが、早く手軽にお金を借りたいときには便利な借入方法です。金利はカードローン商品などと比べたら少し高くなっています。だいたい18%くらいに設定されています。

クレジット会社でのクレジットカードキャッシングとは違う方法で、借入する手段もあります。クレジット会社には、ローン専門のカードがあります。いわゆるカードローンのことで、大きな金額の借入限度額で金利もかなりお得になっています。クレジット会社によっては、700万円くらいまでの限度枠を設け、契約する借入金額枠によって細かく金利も分けられています。もともと金利はかなり低く設定されていますが、契約する借入金額が大きくなるほど金利も引き下げられるので、まとまった金額の借入をする場合には、さらにお得になります。

また、一番手っ取り早くお金を借りることができるのが、消費者金融です。アイフルやプロミス、モビット、アコム、オリックスクレジット、ノーローンなどの会社があります。 比較的審査も通りやすく、即日で簡単にキャッシングカードをつくれます。

⇒アコムでお金を借りる前に体験談を読む

金利は高く設定されていて実質18%くらいです。すぐにお金が入用で急いでいる方は、借入しやすく審査も通りやすい消費者金融での借入は便利です。金利が高いので長期間借入するのは向いていないかもしれません。

消費者金融には、新規で入会した人に無利息期間を設けている会社もありますので、短期間だけお金を借入したいという方は、上手く使いこなすと金利がぐっとお得になります。手早く短期間だけお金を借りたいという方には、消費者金融もおすすめではないでしょうか。消費者金融に抵抗感があるという方は、銀行系の大手消費者金融などもありますので、安心感がある消費者金融会社を選ぶと良いでしょう。

日本政策金融公庫からお金を借りることもできます。日本政策金融公庫では、一般の金融機関から融資を受けることが困難な人や中小企業のための資金調達、大規模災害などの被害のためにの資金の融資を受けることができます。また、住宅の購入を考えている方には住宅金融支援機構などからも借入することもできます。賃貸物件の建設のための費用など、住宅に関する様々な借入を幅広く受け入れています。金利も結構優遇されています。

また、よほど日常生活でのお金に困窮している方には、「総合支援資金貸付」を利用する手もあります。 失業などで日常生活全般に困難を抱える方を対象に、必要な資金の貸付と社会福祉協議会やハローワーク等による継続的な相談支援をセットで行い生活の立て直しや経済的自立を目的にした制度で、都道府県社会福祉協議会が行っており、相談や申し込みなどは住んでいる地域の市町村社会福祉協議会で行います。 基本的に自立した生活を支援する目的にしているので、多重債務者などの借り換え目的などの貸付は行っていません。債務整理や裁判所への予納金、債務整理に必要な経費などは、総合支援金(一時生活再建費)を利用できる場合もあります。

如何だったでしょうか?お金を借りる方法は意外と多くあり色々と選択できます。 自分に合った借り方を探すことが一番大切なことかもしれません。金利が有利な会社を見つけることもポイントですね。身の丈に合った計画的な借り方をすれば、便利で日常の生活も実りあるものになるに違いありません。賢くお金を借りるためには、融資条件なども細かく調べるて自分に有利なお金を借りれる方法が見つかるはずです。